土地家屋調査士の求人情報

土地家屋調査士は関連した司法書士などとの共同作業です。関西、関東などの求人情報をお届けします

スポンサードリンク

土地家屋調査士の求人に必要な資格は?

土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)とは、他人の依頼を受けて、土地や建物がどこにあって、どのような形状か、どのように利用されているかなどを調査、測量して図面作成、不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う測量及び表示に関する登記の専門家です。

実際の業務では建物は表示登記と権利登記に分かれており、一般的には土地家屋調査士が建物の現状を登記、司法書士が権利関係を登記することになっているため、求人に当たっては土地家屋調査士事務所のみならず、司法書士事務所などの求人がある可能性もあります。

続きを読む

土地家屋調査士の求人

土地家屋調査士は司法書士の仕事と密接にかかわっています。土地、建物の登記書は表題部、権利部と二部構成となっており、この表題部(土地の所在地、地番、地目、地積建物の所在地番、家屋番号、種類、構造、床面積、新築年月日、所有者等)の調査、測量を行い、不動産を特定する表題部の作成します。不動産の登記件数の多いと思われる関西、関東、東海などの主要都市で多くあり、土地家屋調査士の資格を持っていなくても関連した登記の関連資格としての測量士などの資格、また同じく士業務として近年人気の高い行政書士などを持っている方は土地家屋調査士事務所での求人を見つけることが出来るでしょう。また近年これらの業務は関連して行われることが多いため、単独での事務所ではなく、共同で仕事を営んでいる事務所も見受けられます。これらの合同事務所は、細分化されている士業務の役割を一括して行うことができ広い範囲のニーズを一か所カバーできる利点があり、今後企業や個人との契約が伸びていきそうです

土地家屋調査士の業務とは?

土地家屋調査士は、他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行うことを業とする。主な業務内容としては@不動産の表示に関する登記について必要な土地又は家屋に関する調査又は測量A不動産の表示に関する登記の申請手続又はこれに関する審査請求の手続についての代理B不動産の表示に関する登記の申請手続又はこれに関する審査請求の手続について法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類又は電磁的記録の作成C筆界(筆界特定制度(ひつかいとくていせいど)とは、土地の一筆ごとの境界(筆界:ひつかい)を決定するための行政制度)特定の手続、D筆界特定の手続について法務局又は地方法務局に提出し、又は提供する書類又は電磁的記録の作成 などを行うことなどF、@〜Dに掲げる事務についての相談などを業務とする(引用:ウィキペディア)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。